働き方改革が可決された今、『副業』について考えてみる。

 writtiaug.png


どうも、こんばんは

今日もHAPPY SMILEなふみこです



最近働き方改革が可決され、これまでの働き方が見直されている今

巷でも噂になっている『副業』について考えてみたのでシェアしようと思います。


そもそも『働き方改革』は、安部内閣が人々のライフバランの実現や

生産性の向上を目指して、企業文化や風土を変えようと考えて作られたもの。


これは、

「労働人口の減少」、「長時間労働」、「少子高齢化」

などが背景となって改革が行われたと言われていますよね。


この働き方改革が可決される前から、ニュースで頻繁に取り上げられるようになった

「副業」という言葉。


自分には関係ないや、そんなこと考えたことが今までなかったと思ってるそこのあなた。

実は今こそ副業を始めるに適している時期はないんですよ。



上
 2018年は副業元年
下

2018年は『副業元年』と言われていて、

いま、日本全人口のうち744万人もの人が副業でフリーランスの仕事をしています。

雑誌などの記事によると、20代~40代の会社員の5人に1人が

副業をしている
と掲載されている。


3年前と比べると約3倍です。


働き方改革が可決された事によってこの数値は、

どんどん右肩上がりになっていくと予想されている。


男女差で見てみると人数的には男性の方が多いみたいですが、

割合的には女性の方が多いみたいですね。

実際に私も一緒に仕事をしている起業家さん達は女性の方が比率的には多いです。

これも時代の変化なのでしょうかね。

個人的には、男性にももっと頑張ってほしいとおもうのですが…笑


「終身雇用制」が崩壊しつつある中、多くの人が本業以外のところでの

収入源の確保やスキルアップをしようと行動し始めているんです。



上
 なぜ今する方がいいのか?
下

なぜ今、始めた方がいいのか…?

3つ理由があります。

①:スキルが身につく
②:選択肢が広がる
③:年金がもらえない


です。


①:スキルが身につく

本業だけをしていると、その分野においては一流の知識・技術を

取得できるようになるかもしれません。

ただ、会社でリストラにあったり、何かを機に転職を考えたり、別の部署に移ることになったら…?

副業をやってると、そのスキルは必ず何かしらプラスの形でプラスに役立ちます。


『副業』と言っても種類は様々ありますが、対人コミュニケーションスキルや

起業マインドなどが身につくものを選ぶことがポイントです。

これらのスキルは一生あっても困りません。


しかも、スキルを身につけることは早いに越したことはありませんからね。



②:選択肢が広がる

普段の職場と違う環境に身を置くことによって、今まで関わることの無かった人達と接することで

人脈が広がっていきます。


自分の知らない世界の事を知れ、未来のビジネスパートナーや自分の価値観・考え方が

広がるようになる。

実際、私も知識はもちろんのこと、色んな事を知ることによって性格も活発的になってきました。


しかも、残念なことに2020年にはAIによって、今ある職業の半分は無くなると言われています。

今のうちに、ほかの能力、知識、選択肢を増やしておけば、本業が危うくなったとしても、

ほかの道を選べる選択肢があるので安心できますよね。



③:年金がもらえない

私たちが年を取って定年した後、年金がもらえない可能性が高いです。

もしかしたら、このことに気づいている方もいるのではないでしょうか…?


人生100年時代と言われている今ですから、65歳に退職しても残り40年あります。


老後、最低限の生活を送るには月々最低一人22万ほど必要と言われています。

これは、旅行にも行かず、最低限生きるだけの生活です。


必死に働いて、残業もして、子供との時間を削り仕事に費やして…

7000万の貯金を貯めたとしても、

ずっと旅行にも行けない生活…

好きなことをできない生活…

そう考えると、少しでも早くから貯金を貯めて置いた方がいいと思いますね。


聞きたくない事かもしれませんがこれが現実です。



                * * *



少しでも後悔のない人生を過ごす為にも…

人生の選択は、すべて自分の責任です。


ふみ^^





Comment

Add your comment